日対研(跡地)

旧 特定非営利活動法人 日本対性暴力研究所

旧日対研理事の経歴が虚偽であるとの誹謗中傷について

2019年6月2日から4日にかけて、女性に詠春拳を指導する活動をされている、日本護身術協会の樋口城治氏が、旧日本対性暴力研究所理事、現パラベラム協会理事(以下、被害者とします)の武道歴について、Twitter上で投稿を行いました。

内容は、被害者が受けた格闘技の訓練は、通信教育や単発のセミナーに参加したのもで、本格的な格闘技経験は無い、というものでした。

さらに樋口城治氏は被害者と、神奈川県にある詠春拳ジムにて数度会った事があり、その際にジムの代表J.N.氏(デンマーク人)からの指示を受けて、被害者を「ボコボコ」にした(私的制裁を加えた)ことがある、というものでした。*1

f:id:parabellum_asas:20201225190014p:plain

f:id:parabellum_asas:20201225190046p:plain

樋口城治氏がこのような行動に出た切っ掛けですが、まとめサイトのtogetter.comに存在していた、被害者を誹謗中傷する記事を読んで真に受けた事のようです。

樋口城治氏によるTweetは、以前から被害者に対して攻撃的なTweetを繰り返して来た女性N氏のTweetを、引用Retweetする形で行われました。

また、そのN氏と樋口氏は、被害者が2003年に雑誌記事中でボクシングジム「B」のトレーナーの肩書きを使用していたことについて、N氏がジムに問い合わせた結果、肩書きが騙りだと判明した旨を、Twitterに書き込みました。

f:id:parabellum_asas:20201225190136p:plain

被害者は、念のためボクシングジム「B」にメールで問い合わせたところ、現会長のT.D.氏より返信を頂き、トレーナーの肩書きの使用は、ジムの許可によるもの*2だと再確認(2019年10月7日)できました。

そもそも、雑誌記事にはボクシングジム「B」の広告宣伝が入っており、常識的に考えれば、ジムに無断で肩書きを使用するなど考えられないことです。

f:id:parabellum_asas:20201225190216p:plain

2019年7月10日、このような事態を受けて、樋口城治氏と出会った詠春拳ジム代表J.N.氏、パラベラム協会代表理事および被害者の3名で対応を協議しました。

その際に、J.N.氏から樋口城治氏が主張する、J.N.氏が被害者に対して私的制裁を加えるよう樋口氏に指示したり、実際に樋口氏が被害者を「ボコボコ」にしたといった、事実が存在しないことを確認しました。この協議は議事録が残っています。

樋口城治氏についてですが、調布市詠春拳のジムを運営するJ.R.氏(ポーランド人)の所に、2007年に1年間(週1回)通われたあと、2012年から2014年まで、J.N.氏のジムに通っていたそうです。*3

被害者が樋口城治氏と会ったのは、2017年8月ですが、J.N.氏によると、樋口氏は3年ぶりにプライベートレッスンを受講するなど、ほんの少しの期間だけ通ったが、すぐに来なくなった、とのことでした。*4

樋口氏は、J.R.氏とJ.N.氏のジムに合計で約4年程通われた訳ですが、2018年5月14日には、詠春拳を解説した自著を、オンデマンド出版社から上梓されており、その中では、J.R.氏やJ.N.氏の流派名では無い「BLITZ DEFENCE」を名乗っています。

f:id:parabellum_asas:20210131020832p:plain

さらに、樋口氏は上記のように、あたかもJ.N.氏が、詠春拳のインストラクターを粗製濫造していると受け取れるような発言まで行っています。*5

ですから、樋口城治氏の言う「ボコボコにしたので(被害者が)しばらくジムに来なくなった」と言うよりは、実際には樋口氏の方が、ご自身のご事情で、ジムに来なくなった、というのが実情に近いと言えるでしょう。

そもそも、被害者は、J.N.氏の詠春拳ジムの商標権登録から契約書・規約の作成、教室運営などをお手伝いしているため、J.N.氏が被害者に対して私的制裁を加える合理的な理由がございません。

2019年10月4日、弁護士を通じて、樋口城治氏に対して、内容証明郵便にて名誉毀損に関する通知書を送付しました。

その直後の2019年10月10日、樋口城治氏とN氏は飲み会をされます。

f:id:parabellum_asas:20201225190336p:plain

その際、樋口城治氏は以下の通り、写真と共に「とても勉強になります」とのコメントを添えたツイートをしています。

2019年10月17日、樋口氏本人から通知書に対する回答が送られてきますが、内容は名誉毀損を認めないというものでした。

2020年1月6日に、被害者は東京地方裁判所に訴状を提出し、訴訟に発展することとなります(原告の代理人青木正明弁護士、被告・樋口城治氏の代理人は神原元弁護士)。

2020年11月26日、樋口城治氏と被害者の裁判は和解となります。

和解の内容を要約すると、次のようになります。

樋口城治氏が名誉毀損に該当するTweetを削除すること。

被害者が、通信教育や単発のセミナーではなく、正規の訓練を受けて武道の段位やインストラクター資格を取得している事実、ボクシングジム「B」のトレーナーの肩書きを有していた事実について、樋口氏が認める、と言うものです。

和解調書は、パラベラム協会ウェブサイトにて公開していますので、詳細を確認されたい方は、ご確認ください。

このように、被害者が武道歴など経歴詐称を行なっている、という日本護身術協会・樋口城治氏やN氏の主張は事実に反することが証明されましたので、このようなTweetの拡散等の行為は厳に謹んでいただきたく存じます。

関連記事

parabellum.hatenablog.jp

*1:樋口氏と被害者は一度も「スパーリング」を行っていない。また「グオサオ」も実施していないことを、J.N.氏から2020年11月25日に確認済み。

*2:肩書の使用許可を下さったのは前会長のG.D.氏。

*3:2020年10月11日・14日に、J.R.氏から確認済み。

*4:2019年7月10日・2020年11月25日に、J.N.氏から確認済み。

*5:被害者は2015年からJ.N.氏による詠春拳のインストラクター訓練に参加。

旧日対研理事への虚偽のMeToo告発について

Twitter上で、2020年4月1日および21日に、旧日本対性暴力研究所理事、現パラベラム協会理事(以下、被害者とする)に対して誹謗中傷と脅迫が行われましたので、その顛末をご説明させていただきます。

2020年3月30日に、被害者の知人男性(以下、加害者とする)が、被害者に対して、自分と性交等をしなければ、インターネットで事実無根の誹謗中傷をする、という内容のメッセージを送ってきました。

そのため、被害者が、中野警察署の生活安全課に相談したところ、ストーカー事件として、警察が介入することとなりました。

この加害者ですが、発達障害、注意欠陥・多動性障害(ADHD)、パニック障害を患っており、以前から被害者に対して極端な言動を行うなどしていたため、疎遠になっていました。

4月1日に、被害者は、警察の指示で、加害者に対し「連絡をしないで下さい」というメッセージを送信したところ加害者は激昂し、女性を装ってTwitterに、被害者が「レイプを正当化した」「処女を奪った」という主旨の誹謗中傷ツイートを投稿しました。 

そのため、警察から、1週間は外泊して、自宅に戻らないよう指導を受けました。

4月3日に、警察が加害者に警告を行い、Twitter上の誹謗中傷が一旦は削除されました。

4月18日、電話番号を変更した加害者からの電話に、被害者が応答してしまったところ、加害者は再び、性交等に応じなければ、Twitterで事実無根の誹謗中傷を行う、被害者と加害者が知人である事など3割の事実を混ぜれば残り7割が嘘でも人々は信用するなどと、脅迫を行いました。

そのため、4月21日に、被害者は脅迫を受けた通話の録音を、中野警察署に提出しました。

その際に、警察からは出来るだけ早く、引越しを行うよう指導を受けます。

更に、警察官の指導のもと、加害者に対して「これ以上、連絡すればストーカーになる」とメッセージを送りました。

そのメッセージに激昂した加害者は、4月21日、Twitter上で、再び事実無根の誹謗中傷を開始しました。

4月22日に、その誹謗中傷について、中野警察署で相談したところ、名誉毀損の刑事事件として捜査が開始されることとなりました。

4月23日には、再び電話番号を変更した加害者から、被害者に対して電話がありました。

被害者は加害者からの電話だと気が付かずに応答し、その際に、脅迫の内容は全て録音してあり、警察に提出している旨を告げたところ、Twitterの誹謗中傷が削除されました。

4月28日に、被害者は竹下博將弁護士へ、加害者への対応を依頼し、5月9日に、弁護士から加害者に通知書が届けられました(加害者を無闇に刺激しないため内容証明郵便は利用せず)。

f:id:parabellum_asas:20201212195420j:plain

5月30日に、中野警察署から、名誉毀損罪から、脅迫罪に切り替えて捜査を行うとの連絡があり、6月4日に、脅迫罪での告訴状を提出しました。

その後、6月10日、状況に変化があったため、訴えを取り下げました(加害者および関係者に対する人権保護の観点から、詳細は割愛させていただきます)。

以上が、一連の旧日本対性暴力研究所理事、現パラベラム協会理事への誹謗中傷の顛末となります。

この事件を要約しますと、加害者がインターネット上でのMeTooに見せかけた脅迫によって、被害者に性交等を強要しようとした、性犯罪となります。

この事件のスクリーンショット等を面白半分に拡散される行為は、性犯罪の二次加害行為ですので、謹んでいただきたいと存じます。

補足ですが、Twitterで加害者による脅迫行為を拡散した方々の中には、以前から、被害者をTwitterで中傷して来た女性が含まれています。

その女性は、加害者と事件の約半年前からメッセージの遣り取りをして、被害者に関する情報を交換していたそうで、加害者による証言が録音に残っています。

その女性を筆頭に、2020年10月15日の時点でも、事件について被害者が何の弁明もしないのは、誹謗中傷の内容が事実ではないか、などと被害者の被害を拡散しようと試みている人々がいらっしゃいます。

f:id:parabellum_asas:20201213184255p:plain

f:id:parabellum_asas:20201213140927p:plain

被害者が弁明しなかったのは、被害者、加害者ともに男性であること、また、事実無根の誹謗中傷が、全く無関係な被害者と面識のある方々にまで及んでいたことから、反論を行い事件に対する詮索を招くよりも、沈黙により事件を風化させた方が、ベターではないかと考えた為です。

しかし、事件から半年以上が経過した現在まで、事件を蒸し返そうとする方々がいらっしゃいますので、顛末をご説明させていただきました。

繰り返しますが、本事件は、女性を装った男性による、MeTooを騙った性犯罪であり、まったく無関係な方々にまで被害が及んでおります。ですから、加害者による誹謗中傷の拡散等の行為は厳に謹んでいただきたく存じます。

関連記事

parabellum.hatenablog.jp

TSUNAMI氏による著名人へのストーカー行為が再開される

T氏による森岡正博氏へストーカー行為が再開される

TSUNAMI氏(以下、T氏とする)による、森岡正博氏へのストーカー行為 が本格的に再開されたようです。

続きを読む

TSUNAMI氏が日本女性学会を出入り禁止になる

以前はジェンダー法学会をはじめ、様々な学会で、森岡正博氏へのストーカー行為を行なっていたTSUNAMI氏(以下、T氏とする)ですが、日本女性学会から出入り禁止を通告されたそうです。

f:id:parabellum_asas:20190709182154j:plain

続きを読む

旧日対研理事に対する風説の流布について

【日対研(跡地)のTwitterアカウント(@parabellum_site)の運用終了にともない、2019年1月にTwitterで公開した文章を、ブログ掲載用に一部修正して、転載します。】

旧日対研・理事(以下、私と表記)に前科がある、または、前科があるかのように吹聴している方々(TSUNAMI氏など)がいらっしゃいますが、私に前科はございません。

この件は、友人から、悪意をもって偽りのレッテル貼りをされる恐れがあるから取り沙汰されるまでは自分からは触れるな、その代わり、説明すべき時が来たら誠実にありのままをキチンと説明すべしと諭されていた件です。 説明すべき機会が来たと思いますので、日対研(跡地)に関心をもってくださっている全ての皆さんに事実関係をご説明します。

続きを読む

TSUNAMI氏によるジェンダー法学会での言動についての説明

2018年12月2日に開催された、ジェンダー法学会に於いて、名誉毀損が疑われ、殺人予告とも受け取れる言動を、TSUNAMI氏(以下、T氏と表記する)が行いました。

以下のリンクで経緯を読むことが出来ます。

TSUNAMI氏によるジェンダー法学会での殺人予告とも取れる発言 - 日対研(跡地)

その当事者である、T氏は、自らジェンダー法学会での出来事を説明するとしていました。

続きを読む

TSUNAMI氏によるジェンダー法学会での殺人予告とも取れる発言

ジェンダー法学会での殺人予告とも取れる発言が行われる

2018年12月1・2日に立正大学にてジェンダー法学会が開催されました。同学会2日目のシンポジウムにおいて、MeTooと称して不規則発言・演説が行われました。詳細は以下に挙げたリンク先でご確認頂けます。

続きを読む