日対研(跡地)

旧 特定非営利活動法人 日本対性暴力研究所

2017年3月に解散した日本対性暴力研究所の研究開発の記録を保管・公開しています。

メイン・メニュー

旧特定非営利活動法人日本対性暴力研究所の研究 開発の成果を公開しています。 日対研について 日本対性暴力研究所の沿革 女性護身術 第1章 Anti-Sexual Assault System とは? 第2章 女性護身術の基本戦略 第3章 敵を知る 第4章 精神の護身術 第5章 感情の…

性暴力被害相談のリンク集

日対研のウェブサイトに掲載していた、性暴力被害の相談を受け付けている団体のウェブサイトを紹介したリンク集です。リンク切れなどがございましたら、コメント欄にてお知らせいただければ更新して対処致します。法人解散につき能動的な更新までは手が回り…

第9章 回復への長い道を、共に

いよいよ最終章になりました。このページを読み始めた頃と、レイプに対する考え方が変わったと思います。きっと読者は自問されるでしょう。どのタイミングで被害者に支援をすると伝えるのか? どのように話を切り出すのか? 本当に自分の心の準備は出来てい…

第8章 状況に応じた対応

次は様々なケースについてお話しましょう。あなたが担当する被害者が次の何れかに当てはまるようであれば、記載事項を参考にして下さい。 被害者は何もしたくない若しくは出来る状態にない 支援者の言うべき言葉「あなたに出来ないと言う事はないと思し、あ…

第7章 人生の再構築

レイプ被害者はその犯罪により、人生の中で奪われた時間を、しっかりと認識しています。被害者は奪われて行く、その無駄な時間を止めたいのです。 被害者の中には、弱りきっていて、その状態をなんとかしようと言う意思がないようにも見える人もいます。しか…

第6章 後遺症

レイプ被害の後遺症を軽く考えてはいけません。大変重い後遺症もあり、場合によっては死を招くものもあります。従ってレイプから数年経っていても被害者を支援するのは非常に重要な事です。 「死んだわけではあるまいし、大げさなんだから」と言うようなリア…

第5章 脅威

レイプ犯には武器が2つあります。一つ目はレイプに使う性器、二つ目は被害者に与える恐怖です。 被害者の感じる恐怖は身体を硬直させ、行動が出来ない状態になります。その行動できなかった状態が被害者の中に罪悪感を生み出すのです。そして罪悪感が強けれ…

第4章 罪悪感

レイプ被害者の大半が罪悪感に苛まれます。まるでレイプ犯と被害者の役割が逆転したような気持ちに陥ります。 責任はレイプ犯ただ一人にあり、罪を犯しているのもレイプ犯ただ一人です。それにも関わらず、被害者が責任を感じ、罪悪感に苛まれてしまい、被害…

第3章 自分を守る

健康な精神を持った人であれば相手の苦しみに無頓着でいられるはずがありませんし、被害者の話しを自分の過去と重ねてしまう可能性もあります。ですから、支援者は必ず自分を守ることが必要です。 レイプ被害者に助けを求められたとき、被害者は自分のかわり…

第2章 レイプとは何か?

だれもがレイプの定義を知っています。多くの人がレイプを一定の条件下で起こるものと思っていますがそれは間違いです。その勘違いをしている人の中に被害者もいます。 レイプを理解することが今後の被害者との会話をスムーズにしてくれます。法的な話は煩わ…

第1章 Deliverance for Sexual Assault Survivor とは?

Deliverance for Sexual Assault Survivor(以下、D.S.A.S.と略す)は、国産初の女性護身術(Feminist Self Defense)である【パラベラム】を構成するモジュールの一つとして開発されたレイプ被害者を支援するためのプログラムです。*1 内容は、精神医療や性…

第8章 女性護身術とは自己表現である

戦争は終わったが、本当の戦いはこれから始まるのだ。(アフガニスタンの諺) 攻撃を受けた後に あなたが生き延びてくれて、私は本当に嬉しいです。生きていてくれて、ありがとう。あなたは見事に死の淵から抜け出し生還者(サバイバー)になったのです。状…

第7章 身体の護身術

攻撃がエスカレートして身体に及ぶ場合もありますし、いきなり身体的暴力を受ける場合もあります。その場合は、身体を使っての防衛に入ります。 ハリウッド映画では攻撃者は不死身で女性は嫌悪の眼差しで見つめられると気絶してしまうイメージがありますが、…

第6章 口頭の護身術

この章では、有効な「ノー」の言い方、言葉で境界線を引く、自分の希望を相手に実行して貰う方法について説明していきます。まずは、口頭による護身術の注意事項から記載します。口頭による護身術は直ちに身体的な危険が及ばない場合のみに有効です。 つまり…

第5章 感情の護身術

感情の護身術の妨げになるもの どんなに素晴らしい技を身につけていても、攻撃を受けたときに感情的になってしまったら何の役にも立ちません。泣いたり、怒りを爆発させたり、硬直したりしては攻撃を終息させることは出来ません。逆効果になる場合があります…

第4章 精神の護身術

護身術はまず頭の中から始まります。だからといって頭が良くないと身を守れない、と言う意味ではありません。 精神の護身術(精神的護身術)とは、自分に対する態度、人に対する態度、反応の速度や反応の仕方、自分が自分に与えている権利、人に与えている権…

第3章 敵を知る

敵と上手に戦うには、敵を知る必要があります。A.S.A.S.に於ける敵は女性に対する暴力です。女性に向けられる暴力の性質を見極めることでその抵抗方法もことなってきます。 女性運動家たちが女性の暴力反対を打ち出してから半世紀近くが経ち、数々の分析や調…

第2章 女性護身術の基本戦略

抵抗は効果的です 暴力に一番有効な戦略は何か?この質問に正確な答えを出せるだけのデータは存在しませんが、私が調べてみつけた情報は次のとおりです。 1993年と1998年に実施されたアメリカに於ける調査では、殴る、蹴る、噛む、武器を使う、逃げる、叫ぶ…

第1章 Anti-Sexual Assault System とは?

絢爛たる奴隷生活の平穏無事な軛よりも、苦難にみちた自由をこそ選ぼうではないか!(ミルトン「失楽園」) Anti-Sexual Assault System(以下、A.S.A.S.と略す)は2007年に研究開発がスタートした、国産初の女性護身術(Feminist Self Defense)である、【…

白い羽根運動

「白い羽根運動」は、女性護身術【パラベラム】のモジュールの1つとして、日本対性暴力研究所が2015年6月に開始した、女性に対する暴力に反対する男性のキャンペーンだ。 キャンペーンに参加する方法は簡単で、男性が、いまから紹介する「白い羽根ネガティブ…

日本対性暴力研究所への誹謗中傷について

2017年1月から、旧・特定非営利活動法人 日本対性暴力研究所(以下、日対研と略す)および日対研理事に対して、インターネット上にて、完全に事実無根の誹謗中傷を繰り返す女性(以下、T氏とする)がいらっしゃいました。 2016年11月1日に、フェミニストのT…

日本対性暴力研究所の沿革

旧 特定非営利活動法人 日本対性暴力研究所の活動記録です。 2017年 3月:特定非営利活動法人 日本対性暴力研究所が解散(3月9日) 1-2月:Jesper Nielsen氏による詠春拳インストラクターコースに参加 1月:日対研の主たる事務所の移転および役員の変更を実施 2…