日対研(跡地)

旧 特定非営利活動法人 日本対性暴力研究所

2017年3月に解散した日本対性暴力研究所の研究開発の記録を保管・公開しています。

第3章 自分を守る

健康な精神を持った人であれば相手の苦しみに無頓着でいられるはずがありませんし、被害者の話しを自分の過去と重ねてしまう可能性もあります。ですから、支援者は必ず自分を守ることが必要です。

レイプ被害者に助けを求められたとき、被害者は自分のかわりに、あなたに苦しんで欲しいと望んでいるわけではありません。常に頭の片隅に、この状況は自分とは関係がない、自分が苦しいわけではない、と思い続けてください。

上手く被害者を支援するにはクリアな思考を保つ事が重要です。もちろん自分の感情や被害者の感情を尊重する必要はありますので、例えば泣きたくなったら泣いて下さい。犯罪に対して許せない気持ちを示したいのなら示して下さい。しかし、自分の苦しみを振り返りたくなったらそれはしないで下さい。支援者と言う立場を選んだのなら立場を逆転させてはいけません。あなた自身が助けを必要としているのなら、被害者の中に助けを求めないでください。被害者以外の人に相談をしてください。

大多数の人は複雑な話題について語るのを難しいと感じるでしょう。だから話題をそらしたり、会話内容を否定したりして話題から自分を遠ざけようとします。

あなたは過去に痛い思いをしたことがあるでしょう?人にその痛みをわかってもらうと試み、失敗したこともあるでしょう?例えば、転んで擦りむく、指先を切る等は救急車を呼ぶ程の怪我ではないでしょうが、とても痛い時もあります。愚痴ではなく、ただ痛い事を表現したい、だれかに「痛そう」、と同意して欲しいものなのです。

それに対して相手があなたに「あらあら、これは痛そうね、絆創膏を持ってくるわ」、と言ってくれたら、大した傷ではないけれど、なんとなく心強い気分になれます。ところが、相手から「大した事ないわよ、何でもない、気にすることないわ」、と言われたら、自分が否定されたような気分になります。この例は小さな切り傷の例です、それがレイプだったら…。

従って、苦しみについて語るには、それを受け入れる事から始めなければいけません。怖がらずに受け入れてください、苦しみを受け入れても被害者にもあなたにも災いは起こりません。

レイプについて語るには言葉を濁さずはっきりと物を言う必要があります。もし被害者が、あなたのためらいを感じたら、被害者も口を閉じてしまいます。2人とも口を開かなかったら、被害者は聞いてもらえなかった、否定されたと思い、あなたは上手く支援できなかった事にガッカリしてしまいす。

性的虐待やレイプは存在して欲しくない行為であるため、あまり考えたくないものです。けれども被害の現実は目の前にあり、それを乗り超えるためには立ち向かう必要がるのです。

被害者にレイプの事を話しても被害者は傷つきません。話さない事が被害者を傷つけます。レイプ被害者は汚れた人物でも、伝染病患者でも、罪を犯した極悪犯でもありません。あなたの知っている、レイプにあう前の人物は今も変わらずそこにいるのです。大きな苦しみを一つ背負った同じ人物なのです。その苦しみを癒して行く必要があるのです。

大丈夫です、あなたはうまく被害者と話ができます。複雑な話題にふれるのをためらうのは当たり前です。被害者の反応が怖いと感じたり、上手く話せなかったらどうしようと考えたり(どうしていいかわからなくなる)。どんな時も直ぐに、恐怖を感じている事を表現してください。

次に被害者との会話の中で支援者が困惑する事例と対応を紹介します。

被害者が泣き出す、泣き続ける

「レイプされて泣くのは当たり前、時間はいくらでもあるからだ、あせらなくても大丈夫。」と言ってください。被害者の涙を止めようとはしないで下さい。被害者が「泣いてごめんなさい」、と言ったら、支援者は「謝る必要はない、苦しいのはわかるし、唯一謝らなければならないのはあなたではなくレイプ犯だよ」、と言ってください。

会話に休憩を入れるのも悪くありません。被害者に水で顔を洗う事を進めたり、冷たい飲み物やお茶を勧めたりしてみてください(アルコール類はあなたも被害者も飲まないで下さい。)。

支援者は被害者の手を握って慰めたい、抱きしめてあげたいと思うかもしれませんが殆どの場合レイプ被害者は触れられる事を極端に嫌いますので注意が必要です。

被害者が話をしない

あなたは午後を支援活動のためにブッキングしました。あなたはレイプについて沢山調べました、こころの準備も出来ています。それにも関わらず支援しようと思っていた人は口を開こうとしません。あなたはがっかりします。あなたに出来ることは一つだけです。ガッカリしない事です。話すタイミングを決めるのは支援者ではありません被害者です。被害者にとって望ましくないタイミングだったら、無理に話しを進めないでください。被害者に次のような言い方で選択肢を与えてください。

「今話すか話さないかを決めるのはあなた。あなたと話すために時間を作ったけれど、別の機会でも構わない。今日は一緒に映画を見に行ってもいいわよ?」

或いは

「話したいのに何から話していいかわからないのなら、あなたに何が起きたかを理解するために私が質問しましょうか?もちろん答えたい質問にだけ答えればいい。私とそのことについて話し合いたいか、それともお散歩か他の事をしたかを決めるのはあなた。」

或いは

「わかったわ、話したくないのね。理解できるわ。話すタイミングはあなたが決めてね。私があなたに言いたいのは、あなたに責任はまったくない、全てのレイプ被害者は罪悪感に苛まれるもの、だからあなたもそう感じていると思う。でも唯一の犯罪者はレイプ犯ただ一人。今はそう思うのが難しくても100%レイプ犯が悪いの。」

被害者が言葉を恐れる

レイプと言う言葉は非常に重たい意味を持つ言葉です。だれもが恐れる言葉です。被害者にとっては罪悪感に苛まれる言葉なのでその言葉に対する

恐怖感はレイプをされていない人よりもさらに酷いものです。被害者が「レイプ」や「強姦」と言う言葉を口にしたくないのであれば、それは被害者の自由です。レイプの代わりに「攻撃」と言う言葉を使ってください。被害者が自分の口からレイプと言う言葉を発するようになったら、いい兆候です。

支援者は必ず被害者にレイプと言う言葉を使ってもいいかと尋ねてください。被害者がだめと言ったら攻撃と言う言葉を使ってください。

被害者の状態が尋常ではない

レイプについて話すのは、非常に疲れることで挑戦的なことです。従って、被害者が飲酒していたり、薬物を使用している場合はレイプの話はしないでください。被害者は恐怖、ストレス、不安感を消すためにお酒や薬を飲んだ可能性があります。レイプ問題について話すには意識がしっかりしている時が望ましいと説明してあげてください。改めて支援の機会を設けると言って、必ずその約束を守ってくさい。

被害者が苛立って、乱暴な言葉を口にする

非常に難しい局面ですが、滅多にない状況です。叫んだり、怒ったり、苛立ったりする人を目の当たりにするのは非常に不快で、支援者は硬直してしまう場合があります。ですが、その怒りはあなたに向けられた怒りではない事を理解してあげてください。

自分の声に集中してください。静かで正直な声のトーンでなければいけません。自分が静かに話せば、正面にいる相手もそうなります。あなたが被害者の味方である事を理解してもらってください。支援者は次のような言葉を被害者にかけるといいでしょう。

  • 怒るのはわかるわ、怒りたくものなる状況よ。
  • 怒って当然よ。彼があなたにしたことは卑しいわ。
  • そんな被害にあって怒りを感じるのはいい事よ。

被害者に攻撃犯の話をする時は言葉を選んでください。

  • その男は犯罪者、彼のいるべきところは刑務所。
  • あのクズ、いい人だと思っていたけれど、上手く誤魔化されたわ。
  • あのクソヤロウ!あなたをレイプするなんて何様のつまりなのかしら。

あなたが耐えられない程、被害者が興奮してしまった、微笑みながら、ゆっくりと次のように言って見てください。「ね、怒りは私に向けるべきではないと思うわ、私はあなたを支援しようとしているの、あなたに優しくしようとしているの、あなたにはそれが必要でしょ?」

被害者の怒りが他者に危害を加えるものでない限り、そのまま怒らせておいてください。被害者にとってレイプ後の怒りを感じだすステップは非常に重要です。但し、条件が1つだけあります。怒りが暴力に変わってはいけません。被害者の中には極端な事を言う人もいます、例えば。「ヤツラのペニスを切ってしまえば、人を傷つける事もなくなる!」。残念ながら、切断行為はレイプ同様犯罪です。被害者が切断行為を口にしたら、支援者は次のように答えてください「それはいい方法ではないわね、レイプはペニスだけではなく物でも実施される。それにこれはとても大事な事だけれど、正義と復讐を勘違いしてはいけないわ。」被害者がレイプ犯を殺して復讐をしてしまえば、刑務所へ行くのは加害者ではなく、被害者になってしまいます。

被害者の言葉と行動が一致してない事も頭に入れて置いてください。「殺してやる」と被害者が罵りの言葉を発したとしても、有言実行ではありません。繰り返し、被害者に言ってください。「その怒りはよく理解できる、当たり前の怒り、でも犯罪者になるべき人物はあなたではなくレイプ犯よ。」

苦しみに対する反応は人によって異なります。あなたが今後支援する被害者の怒りの種類を知る事は現段階ではできません。でも一つだけ確かなことは、支援者のあなたの反応で被害者との会話の流れが決まると言う事です。

苦しんでいる被害者と上手に会話を進めるためのアドバイスを幾つか記載します。

被害者の立場になって考えてはならない
あなたが被害者と同じような経験を過去にしたとしても、その経緯や取り巻く環境はそれぞれ違うので、しっかりと自分と被害者の間に一線を引いてください。
判断をしてはいけない
あなたが被害者の立場だったら、被害者より上手く加害者をかわせたでしょうか?かわせたかもしれないし、かわせなかったかもしれない。実際に起こったさまざまな出来事よりも、被害者の感情が大事です。被害者と話す時は絶対に次の文言から始めないでください。「私があなたの立場だったら、こうした、ああした。」
理解できなくても、被害者の苦しみを尊重してください
あなたにとっては大したディテールでなくても、被害者にとっては重要な事かもしれません。それがあなたに理解できないのなら、仕方がありません、被害者が苦しんでいることだけを受け入れてください。
こうしたらいい、等の助言をしないでください
被害者は支援者の助言を実施したくないかもしれませんし、実施できない状況かもしれません。普通の状態の時に簡単に思える事も病んでいる時には大きな試練となる場合があります。上手に被害者に選択肢を与える話し方をしてください、例えば。

あなたが希望するなら、○○したり、ゆっくり考えて○○したりすることもできる。あなたにはその権利がある。

最後に支援者が一番恐れるシチュエーションへの対応を記載します。

被害者が自殺したいと言う
動揺しないでください。あなたの前にいるのは生きている人間、その人は今後も生き続けます。被害者が責任感を感じてしまうような言葉は一切使わないでください。
絶対口にしてはいけない言葉
  • 自殺をしたらあなたの事を愛している人たちがどれだけ傷つくと思っているの?
  • あなたの両親の事を考えたの
  • それはあなたのエゴ
  • 自分の命を絶つなんて、臆病者のする事

上記の言葉は被害者を責めるのと同時に被害者の苦しみを無視しており、被害者が酷く傷つく言葉です。もっと大きく考えて下さい。自殺願望や自殺を仄めかす言葉は救いを求めている証拠です。レイプ被害者が「私自殺したい」と行ったら、支援者は次のように解釈してください。「私を助けて、耐えられない」と。

自殺を口にしたからと言って直接自殺にはつながりません。逆に自殺の話をする事で、それを回避することも出来ます。

正しい語意を使って被害者と会話をしてください。「自殺」は「自殺」とはっきり言ってください。「愚かな行為」や「バカバカしいおこない」と言わないで下さい。被害者は自分の苦しみと人生が愚かでバカバカしいと解釈してしまいます。

被害者の救いを求める声をしっかりと受け止めた旨、次のように言葉で表現してください。

  • 「そんなに思いつめているのね。話し合って、一緒に解決策をみつけましょう。」
  • 「助けてほしいのね、でも誰もいいわけじゃないのね。では私と一緒にどうしていけばいいか考えて見ると言うのはどう?」

被害者を生きる方向へ導く言葉が一番有効です、例えば。「あなたは死にたいの?それとも苦しむのを止めたいの?」

支援者もこの質問の意味をじっくりと考えてください。自殺願望を持つ人の殆どが苦しむのを止めたがっていますが、それが出来そうにない、だから自殺しか方法がないと思いこんでいます。上記の質問を被害者にする事で、全て不可能と思っていた被害者の心の中に小さな可能性を植え付ける事ができます。

ほとんどの場合被害者は最初、聞く耳を持たず。「そう、私は死にたいの」と答えます。もう一度被害者に同じ質問をしましょう、ゆっくりと、何度も、「あなたは死にたいの?それとも苦しむのを止めたいの?」。被害者が質問の意味を理解した瞬間から生への会話が始まるでしょう。

他に考えられるシチュエーションとしては、先に述べたパターンのどれにも当てはまらず、すんなりと被害者が前向きになってくれる場合があります。

支援者は被害者との会話の進行状況があまりにスムーズなため動揺したり、固まったり、被害者に何を話せばいいかわからなくなったりする事があるかもしれません。そんなときは必ず次ぎの事を思い出してください。恐ろしいのは目の前にいる被害者ではなく、レイプ犯です。

ここまで読んだら、一旦ブラウザを閉じて、気分転換をしてください。このページ以外の事を考えてください。あなたは今受験勉強中で暗記をしなくてはいけないのではなく、レイプ被害者の支援にかかる心構えを身につけているのです。士気を保って下さい。およそ全ての戦いにおいて士気が最重要なのです。

次章では被害者がレイプされた時に感じた事、レイプされた後に感じる事について説明していきます。軽い内容ではありませんの、くどいようですが、ページの続きを読む前にまず、気分転換をしてください。

 

parabellum.hatenablog.jp